令和も宜しくお願い致します。

松本司法書士事務所です。

大型連休も終わり、日常に戻りましたが、体調等いかがでしょうか?

私は休みの日でも朝の7時には起きるので、特に変わりはありませんが、

周りには休み疲れが出てる方もいらっしゃるので、長い連休より分散された休日の方が

いいかも知れませんね。

枚方・寝屋川・交野の相続・相続登記は松本司法書士事務所へ!

Filed under: お知らせ — 松本司法書士事務所 4:10 PM

法定相続情報一覧図と相続関係説明図は何が違うのか

こんにちは!枚方市の司法書士事務所です!

法定相続情報一覧図と相続関係説明図はともに、被相続人の相続関係を表している書類ですが、大きな違いは、法定相続情報一覧図は法務局の認証を受けていることにあります。法務局の認証を受けていることにより、法定相続情報一覧図が信用できる書類であると判断されます。本来ならば、相続関係の証明には戸籍謄本等が必要になりますが、法定相続情報一覧図があれば相続登記手続きや、金融機関の相続手続きにおいて、大量の戸籍謄本等を提出することなく手続きが進められます。
提出する金融機関が複数ある場合は、法定相続情報一覧図を複数枚取得しておけば、その都度戸籍謄本等を持ち込む必要はなくなります。金融機関によっては、相続手続きが完了するまで原本を返却してくれない場合があり、その場合は戸籍謄本等が返却されるまで他の金融機関の相続手続きをすることができなくなり時間を無駄に要してしまいます。不動産が複数あり、管轄している法務局が多数に渡る場合、または金融機関が複数に渡る場合にはその都度戸籍謄本等を提出していては、相続手続きは一向に進まない恐れがありますので、そのような場合は法定相続情報一覧図で手続きを進めた方が良いと言えます。

枚方・寝屋川・交野の相続・相続登記は松本司法書士事務所へ!

 

 

 

Filed under: お知らせ — 松本司法書士事務所 3:22 PM

2019年もよろしくお願いします!

こんにちは!枚方市の司法書士の松本です。

新年のご挨拶のブログを投稿しようと思っておりましたが、何かとバタバタとしておりまして・・・。

申し訳ありません。気を取り直して、2019年一発目のブログまいりたいと思います!

約40年ぶりに相続法が改正されます。主な改正点は下記のようになります。

  • 配偶者居住権を創設
  • 自筆証書遺言に添付する財産目録の作成がパソコンで可能に
  • 法務局で自筆証書による遺言書が保管可能に
  • 被相続人の介護や看病で貢献した親族は金銭要求が可能に
    などなど

色々と改正点がありますので、今日は配偶者居住権の創設についてお話します!

配偶者居住権は、配偶者が相続開始時に被相続人が所有する建物に住んでいた場合に、

終身または一定期間、その建物を無償で使用することができる権利です。これは、

建物についての権利を「負担付きの所有権」と「配偶者居住権」に分け、

遺産分割の際などに、配偶者が「配偶者居住権」を取得し、配偶者以外の相続人が

「負担付きの所有権」を取得することができるようにしたものです。上記のとおり、

配偶者居住権は、自宅に住み続けることができる権利ですが、完全な所有権とは異なり、

人に売ったり、自由に貸したりすることができない分、評価額を低く抑えることができます。

このため、配偶者はこれまで住んでいた自宅に住み続けながら、預貯金などの他の財産もより

多く取得できるようになり、配偶者のその後の生活の安定を図ることができます。

配偶者居住権を第三者に対抗するためのは、登記を備えなければなりません!

配偶者居住権の施行日は2020年4月1日です。

次回は、「自筆証書遺言に添付する財産目録の作成がパソコンで可能に」をテーマに投稿します。

枚方・寝屋川・交野の相続・相続登記は松本司法書士事務所へ!

Filed under: 相続ブログ — 松本司法書士事務所 9:48 AM

不動産取引の現場あれこれ

こんにちは!枚方市の司法書士の松本です。

朝晩が冷え込んできた今日この頃、みなさん体調が崩れやすい時期ですから、

お気をつけください。

さて、今日はテーマですが、司法書士の伝家の宝刀!不動産取引です!

不動産の買主様、売主様などなど・・・様々な立場の方達が取引現場には

おられます。多くは銀行の応接室などで集まって取引決済をするのですが、

仲介の不動産業者の方以外は、ほぼ初対面に近い状態なので、ビミョ~な

空気の中の取引現場が多いのが現状です。

司法書士が書類の確認をして、仲介の方が振込伝票や入出金伝票を銀行員に

渡したら、後はただただお金が出てくるのを待つのみなのです・・・。

私も何千件の取引をしてきましたが、多くの場合は不動産業者の方が話題を

振り、重た~い空気を何とか乗り切るのが通例なのですが、中には終始無言を

貫き通す不動産業者もおられます!おいおい!サービス精神ゼロかいなー!!

と、ツッコミを入れたくなる場面もしばしば・・・。

そこで、当事務所では、司法書士業務はもちろんの事、重た~い空気も吹き飛ばす

話題性溢れる人材が揃ってます!話のネタの引き出しを惜しみなくオープン!

もちろん、サービストークの報酬は0円!タダです!

マクドナルドのスマイル0円と同じです!

枚方・寝屋川・交野の相続・相続登記は松本司法書士事務所へ!

Filed under: お知らせ — 松本司法書士事務所 5:44 PM

秋めいてきましたね

松本司法書士事務所です。

秋のお彼岸が近づき、昼はまだまだ暑いですが、夜はかなり涼しくなってきました。

今日のニュースで見たのですが、早くもインフルエンザの影響で学級閉鎖になった学校があると

話題になっていました。

当事務所は毎年、ワクチンの接種を強制としており備えておりますが、今年は早めの接種の方が

いいかもしれません。

 

枚方・寝屋川・交野の相続・相続登記は松本司法書士事務所へ!

 

 

 

Filed under: お知らせ — 松本司法書士事務所 12:56 PM

夏季休暇のお知らせ

こんにちは!枚方市の松本司法書士事務所の村井です。

 

酷暑、猛暑が続いておりますが、お体大丈夫でしょうか??

誠に勝手ながら、8月11日~8月15日まで夏季休暇とさせて頂きます。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

枚方・寝屋川・交野の相続・相続登記は松本司法書士事務所へ!

Filed under: お知らせ — 松本司法書士事務所 5:18 PM

相続人多数!!

こんにちは!枚方市の松本司法書士事務所の村井です。

先日、10年前に亡くなった姉が所有している不動産の相続登記をお願いしたいという依

頼を受けました。

依頼に基づき調査を開始しましたが、お姉さまには夫、子供がおらず兄弟姉妹の相続と

なりました。さらに調査を進めると、疎遠だった兄弟姉妹は亡くなっており、その子供の

代、さらにその子供の子供の代にまでなっている方もおり、判明した相続人の方は少なく

とも17人となりました。手を尽くし相続人の方々と連絡を取りましたが、賛同を得られず、

断念する事となりました。

相続登記には期限がありませんが、忙しいからと長期間放置してしまうと、取り返しのつ

かない事態が起こります。相続放棄の期限も過ぎており、放棄すら出来ない事にもなりま

すので、なるべく早く相続登記をされる事をお勧め致します。

枚方・寝屋川・交野の相続・相続登記は松本司法書士事務所へ!

Filed under: 相続ブログ — 松本司法書士事務所 5:37 PM

つ、ついに!

こんにちは!枚方市の司法書士の松本です。

今日は、どうでもいい、中身のまったく無いお話です!

実は、わたくしこの世で一番好きな食べ物といいますと、牛丼!なのです!

うまい、安い、早い!この三拍子は大阪人の私にとっては、まさに神!

牛丼の中でも一押しなのが、吉野家の牛丼!その吉野家が、牛丼一杯につきスタンプを一つもらえるキャンペーンをしてまして、なんと21個貯めると、丼がもらえるのです!さらに驚く事に、丼の文字が24金で書かれてるではありませんか!!

吉野家押しの私にとっては、のどから手が出るほど欲しい!!と、言う事で毎日来る日も来る日も、昼食は牛丼を食べスタンプを集めていたわけであります。同時に体脂肪もたんまり溜まりましたが・・・。

そして、ついに!!この日が来ました!スタンプが21個溜まったのです!すぐさま事務所の近くの御贔屓にしている吉野家に喜び勇んで行ったのですが・・・私が狙っていた丼が品切れとの事!!腰から砕け落ちました・・・。

そうなのです。この24金の丼は各店舗先着60名限定なのでした!!松本司法書士、一生の不覚!しかし、ここで諦める私ではありません!転んでもタダでは起きないわたくし!

すぐさま他の吉野家を駆け回ること4店舗目、ありました!ありました!!そうです!私はゲットしたのです!!

その丼がこちらです!

 

 

 

 

Filed under: お知らせ — 松本司法書士事務所 12:27 PM

相続放棄について

こんにちは!枚方市の松本司法書士事務所の村井です。

今日は相続放棄についてです!

相続人になったとき、残された遺産の中にプラスの財産だけではなく借金が含まれているケースがあります。この場合は借金も相続の対象になってしまいますが、通常借金の相続は避けたいと考えることが多いです。そこで、借金の相続を避けるためには相続放棄をする方法が有効です。

ところが、相続放棄には期限があるので注意が必要です。
相続放棄の期限は「自己のために相続があったことを知ってから3ヶ月」以内です(民法915条1項)。この3ヶ月の相続放棄のための期間のことを、熟慮期間と言います。
「自己のために相続があったこと」の解釈が問題になりますが、これについては、基本的には「相続が開始したこと」を知ってから3ヶ月という意味であると考えられており、相続放棄の期限を過ぎてしまうと、基本的に相続放棄することは不可能になります。

ところが、相続放棄に期限があることを知らないまま期限を過ぎてしまって、後から相続放棄できなくなってしまい、多額の借金を相続せざるを得なくなるなどの不利益を受ける人もかなりたくさんいます。
相続放棄をしたい場合には、必ず早めに期限内に家庭裁判所に相続放棄の申述をするように注意しましょう。

期限が過ぎても放棄できる!?

相続放棄の期限は、基本的には「相続が開始したこと」を知ってから3ヶ月ですが、この期限を過ぎても相続放棄が認められることがあります。
これは、最高裁判所の判例によって認められた考え方で、相続放棄を期限内にできなかったことについて「相当な理由」がある場合には、期限を過ぎていても相続放棄を認めようというものです。

具体的には、
・相続人が被相続人と関わりが無かったケースなど、相続放棄できなかったことに相当の理由があること
・相続人が、借金のことを知らなかったこと

の条件が必要になります。

よって、現在の実務運用では、多くのケースにおいて、上記の2つの条件を満たして「相当な理由」があると認められる場合には、相続開始を知ってから3ヶ月が経過していても相続放棄をすることが認められる可能性があります。

枚方・寝屋川・交野の相続・相続登記は松本司法書士事務所へ!

Filed under: 相続ブログ — 松本司法書士事務所 4:46 PM

相続時精算課税制度って??

こんにちは!枚方市の司法書士の松本です。

しばらく更新できなくて申し訳ありません。業務が立て込んでおりまして・・・。

これからは、精力的に定期的に更新していきます!!

さて、今日は相続時精算課税制度についてです。いつもお世話になっている税理士先生から色々とご教授頂きましたので、この有益な情報を皆さんで共有したいと思います!

まず、この制度をつかうと贈与税が2,500万円まで非課税になります!驚きですよね!通常の生前贈与では年間110万円までしか非課税にならないので、

太っ腹です!が、世の中そんなにおいしい話はありません。

簡単に言うと、相続時精算課税制度は、節税ではなく、税金の支払を先延ばしにする制度なのです。

例えば、Aさんは1億円の財産を持っています。Aさんは息子のBさんに2,500万円を贈与したとします。この時点では贈与税はかかりません。

その後、Aさんが亡くなりました。亡くなった時点でAさんの財産は7,500万円なのですが、生前に相続時精算課税制度を使って、Bさんに2,500万円を贈与し

ていたので、7,500万+2,500万=1億円。1億円にたいして相続税が課税されます!要するに、生前に贈与した時は税金はかからないが、贈与した人(Aさ

ん)が亡くなったときに、手元にある財産だけではなく、相続時精算課税制度を利用して生前贈与した財産も含めて相続税がかかりますよ!と、いう制度です。

本日はここまでにします。次回は、相続時精算課税制度パート2で、こわ~い相続時精算課税制度の落とし穴を書きます。

枚方・寝屋川・交野の相続・相続登記は松本司法書士事務所へ!

Filed under: 相続ブログ — 松本司法書士事務所 9:30 AM