相続登記を放っておくリスク!

こんにちは!大阪府枚方市の司法書士の松本です。

毎年思うことですが、お盆を過ぎてから急に相続登記の

依頼が増えるような気がします。

表題に書きました相続登記を放置するリスクですが、

1.公には名義変更(相続登記)がされていないため、

その不動産を売却することができない。

2.遺産分割協議書が文書化されていないので、時間

が経って相続人の誰かが心変わりする可能性がある。

3.遺産分割協議をする権利をもつ相続人が、相続登記を

する前に亡くなってしまったら、その権利はその家族

の相続人に更に相続されてしまうので、法定相続人が

時間の経過と共に増えていく。相続人の人数が増えれば

増えるほど、遺産分割協議がまとまりにくく、最悪の

場合、家庭裁判所のお世話にならないといけなくなる。

特に、3は経験上、よくあるケースです。先々代の相続登記

は、途中で頓挫せざる終えない場合が多いのが実状です。

相続のリスクは時間との勝負ですので、なるべく早く諸手続

をされる事をお勧めします!

枚方・寝屋川・交野の相続・相続登記は松本司法書士事務所へ!